七十七銀行【0125】入出金明細のWEB照会・閲覧可能な期間と件数

銀行
スポンサーリンク

本日は、七十七(しちじゅうしち)銀行【0125】入出金明細のweb照会・閲覧可能な期間と件数について説明します。

 

「七十七銀行」に預金している皆様、こんにちは。

 

本記事は、「七十七銀行」の入出金明細をwebで照会・閲覧したい、個人の方向けとなっています。

 

主に、宮城県を中心とした東北地方にお住まいの方が対象です。

 

「七十七銀行」の入出金明細について、「過去最大何日分web照会できるのか?」あるいは「過去最大何件分web照会できるのか?」という疑問をお持ちの方は、最後までご覧くださいね。

 

★老後の生活資金を無理なく貯めたい方はこちら

月々1,000円からムリなく資産形成。スマホ・PCから簡単口座開設!

七十七銀行【0125】とは

「七十七銀行」とは、宮城県仙台市に本店を構える、大手地方銀行です。

 

かわいらしいキャラクターで有名ですよね。

画像元:七十七銀行

 

国立銀行として七十七番目に設立された「第七十七国立銀行」が前身であり、現在の行名の由来です。

 

その「七十七銀行」のプロフィール(2020年7月時点)は、以下の通りです。

 

【設立】

1878年(明治11年)12月9日

 

【本店所在地】

仙台市青葉区中央三丁目3番20号

 

【店舗数】

143店舗(支店、出張所含む)

 

【資本金】

246億円

 

【従業員数】

2,791人

 

【預金・譲渡性預金】

7兆8,885億円

 

【貸出金】

4兆8,946億円

 

【総資産】

8兆7,519億円

 

【自己資本比率】

単体10.14%

連結10.31%

 

【行是】

一.奉仕の精神の高揚

銀行の発展は、地域社会の繁栄とともにあることを認識し、つねに奉仕の精神の高揚につとめる。

一.信用の向上

銀行の生命は信用にあることを銘記し、つねにその向上につとめる。

一.和協の精神の涵養

和協の精神は、職務遂行の根幹であることを自覚し、つねにその涵養につとめる。

 

七十七銀行【0125】入出金明細のweb照会可能な期間と件数

以下、七十七銀行【0125】入出金明細(取引履歴)のweb照会可能な期間と件数です。

*法人ではなく、個人向けです。

 

「<七十七>ダイレクトサービス」

七十七銀行の入出金明細をweb照会したい場合、「<七十七>ダイレクトサービス」を利用するという方法があります。

 

この「<七十七>ダイレクトサービス」の「インターネットバンキング」あるいは「モバイルバンキング」レクト」を利用すると、以下のように入出金明細をweb照会できるのです。

 

・オンライン入出金照会
【取引履歴(入出金明細)のweb照会可能期間・件数】
照会時点における最近1週間、あるいは、当月分の入出金明細が閲覧できるのです。
・オフライン入出金照会
【取引履歴(入出金明細)のweb照会可能期間・件数】
照会時点以前に更新される所定時刻における12か月前の1日から入出金明細が閲覧できるのです。

 

要するに、七十七銀行の「<七十七>ダイレクトサービス」を利用すると、最大で過去12か月分の入出金明細の照会が可能なのです。

 

「七十七銀行アプリ」

七十七銀行の入出金明細をweb照会したい場合、「七十七銀行アプリ」を利用するという方法があります。

 

この「七十七銀行アプリ」に登録していると、以下のように入出金明細をweb照会できるのです。

 

「七十七銀行アプリ」
【取引履歴(入出金明細)のweb照会可能期間・件数】
前々月1日から照会日までの入出金明細を照会・閲覧できるのです。

 

要するに、七十七銀行の「七十七銀行アプリ」を利用すると、最大で過去2か月分の入出金明細の照会が可能なのです。

 

本記事のまとめ

さて、本記事のまとめです。

 

「七十七銀行」の入出金明細を照会・閲覧する方法

「<七十七>ダイレクトサービス」を利用する
(オンライン)
照会時点における最近1週間、あるいは、当月分の入出金明細が閲覧できる
(オフライン)
照会時点以前に更新される所定時刻における12か月前の1日から入出金明細が閲覧できる

「七十七銀行アプリ」を利用する
最大で、過去2か月間の明細をweb照会できる

 

以上、本日は、「七十七銀行」の入出金明細(取引履歴)を照会可能な期間と件数についてお伝えしました。

コメント